眠れない 睡眠障害篇

 In 双極性障害

 

眠れない。

眠りたい。

お願いだから

5時間でいいから

熟睡させて欲しい。

 

この

睡眠障害は

過去に飲んできた大量の薬のせいだと思う。

 

ちゃんと

眠れないと

その日の活動ができない。

 

瞼が重い。

でも

昼寝もできない。

 

前の主治医に話すと

「年齢的なこともあるんじゃない」だと

失礼なやつだ。

 

でも確かに

それも関連してるんだろうな。

歳取ると眠れなくなるからな。

 

若い頃は何時間でも

眠れたもんな。

 

ああ

私の身体能力は

どんどん落ちていく。

 

精神病も不安だが

体力に不安って!

 

はぁ

歳は取りたくないもんだ。

 

薬あれこれ

 

私は過去に

「飲む拘束衣」と呼ばれていた

ベゲタミンA錠

ベゲタミンB錠

を服用していました。

酷いときは

ベゲA、ベゲBを3錠ずつ

両方で6錠と

あとハルシオンなど

他の眠剤も同時に処方されていました。

 

ベゲタミンは2016年に

販売中止になった薬です。

 

ベゲAは「赤玉」と呼ばれていたけれど

2015年に販売中止になった

エミリンという眠剤も

「赤玉」と呼ばれていました。

 

両方の薬も

薬物乱用が販売中止になった

大きな理由だろうと思います。

 

昔は

あんなにキツイ薬を

いっぱい飲んでいたと考えると

「おいおい、精神科医!ひとの身体を何だと思ってるのだ!」と

文句の一つも言いたくなりますね。

 

ベゲもエミリンも

安全性の低い薬です。

 

あんなにキツイ薬を飲んで

たぶん頭の中は

いつもボーとしていたのだろうと思います。

ボーとしてないと

生きていけなかったのかな?

 

いま出てる眠剤は

何かのジェネリックです。

 

昔は

薬にも詳しかった。

処方されれば

すぐ検索しました。

 

いまは

ジェネリックだし

先発薬が何か調べる気力もないです。

 

それに

調べて「どうなの?」という疑問もあります。

薬剤師でもないのに

精神薬にやたら詳しい。

その知識どこで活かすのか(笑)

 

眠剤は減薬していきました。

ある頃から

薬の多剤投与に疑問を持ったので。

 

いまでは

ロヒプノールを飲んでも

翌日薬が残って

ダルいし、しんどいのです。

 

それに

眠れないからと

残っている

ロヒプノールを飲んでも

早朝覚醒なのです。

そして薬が残って

一日つらい。

 

昼寝もできません。

昼間

寝たくて

デパスやレキソタンなど

1シート飲んでも眠れない。

 

テグレトールは効くのだけど

蕁麻疹が出るので飲めない。

飲めないから飲んでない。

飲んでないからテグレトールに耐性ができてない。

だから効くのです(笑)

 

いろんな薬を飲んできたけれど

いまは薬はなるべく少なくしています。

薬に

脳も

身体も

支配されてるなんて

もう嫌だ!なのです。

 

それにこのまま

大量に精神薬を飲んでいたら

認知症になりそうで怖いです。

 

あくまでも

私の主観なので

薬は主治医とよく話し合って

処方してもらってくださいね。

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし共感してくださったらポチッとクリックしてください ∑(。>д<。)ゞヨロシク!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ボーダーニュースレター

ご登録いただけますと、ボーダーラインと双極性障害な日々の最新情報を、メールでお届けします。

 

Recommended Posts

Leave a Comment

Start typing and press Enter to search