想像力豊か過ぎ! 精神科医5

 In 双極性障害

 

その医者は

とにかく

なんでも私のことを知りたがった。

 

私の私生活。

 

もちろん

診察する上で

患者の生活は

ある程度は医者はわかっていなければいけない。

 

仕事の人間関係であるとか

例えば

今回の鬱状態は

なにがトリガーになったのかなど

 

あと家庭環境のことも

知っておかなければいけないだろう。

 

ところが

主治医の知りたいのは

私の

男性関係であった。

 

「最近SEXしてるのか?」

 

「はぁ?」

 

「男など興味はないです」

 

先生

「なんでもったいない」

 

あの

みなさま

これ診察に必要な質問ですかね?

 

違いますよね。

明らかにセクハラですよね!

 

とにかく

診察中に

私のそばに近づいてくる。

 

ほんとに

この医者!

最悪ですね!

 

この最悪な主治医のことは

それ恋じゃないから!陽性転移」に詳しく書いていますので

お読みください。

 

私が

呆れて話さなくなると

機嫌が悪くなる。

 

今度は

ドクハラが始まる。

 

先生の言葉の暴力は止まらない。

 

「みじめな女だと思って気にかけてやってるのに」

 

この発言

医者として許せますか?

 

そして

自分は名医だと思っている。

 

救いようのない医者だ!

 

最終的に

私は転院をするのですが

 

その前の診察の時

私は先生のせいで

酷い鬱状態でした。

 

そしたら

この医者

私になんて言ったと思いますか?

 

「新しい恋に破れたのだろう

その話をして欲しい」

 

「はぁぁぁぁぁぁぁ?!」

どんな想像力?

 

私は

あんたに

無理やりキスされたから

落ち込んで

鬱状態なんですけど!

 

まじ

医師会に訴えるぞ!

 

ほんとに信じられない医者でした

 

この医者は

ベテランの精神科医です。

 

しかし

どうやら

女癖がわるいらしい。

 

過去の口コミに

そのようなことが書いてありました。

 

私が

この病院に転院したころは

女癖が悪いことは

知らなかった。

 

最初は

まともな診察でした。

いい医者だと思いました。

 

ところが、ところが

月日が経つうちに

だんだん

本性が現れてきました。

 

投薬に関しても

私が出してほしいと言った

薬は基本的にでましたね。

 

もちろん

双極性障害に出してはいけない薬も出てました。

 

多剤投与ではなかったですが

融通はきいた。

 

だから

まぁいいかと思ってたのですが

 

先生は

私に手を出してしまった。

 

こうなったら

治療関係は終わりです。

 

しかし

この医者

過去にも

女性患者に手を出したのでしょうね。

 

ネットに書かれてますから(笑)

 

それにしても

最悪の医者であることは

間違いないです!

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし共感してくださったらポチッとクリックしてください ∑(。>д<。)ゞヨロシク!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ボーダーニュースレター

ご登録いただけますと、ボーダーラインと双極性障害な日々の最新情報を、メールでお届けします。

 

Recommended Posts

Leave a Comment

Start typing and press Enter to search