先生その薬 私に必要ですか?

 In 双極性障害

 

 

「どうですか?」

「イライラします。それに早朝覚醒です」

主治医

「じゃ今出してる薬6ミリにしてみましょう」

 

私の顔が曇ったのだろう。

先生は

「不安ですか?」

 

私は

「そういうわけじゃないですが・・・」

 

それで

結局

薬の量が少し増えた。

 

先生

「これで様子をみましょう」

「薬で躁転する場合もあるので」

先生

「大丈夫ですよ。躁転するような薬ではありませんから」

 

私は

基本

精神科医は信用していない。

薬では大変な目に遭ってきたから。

 

私が医者不信になったことは

精神科医篇をお読みください。

精神科医

SSRI アクチベーション・シンドローム 精神科医2

うつはこころの風邪? 精神科医3

先生と私と2ちゃん 精神科医4

想像力豊か過ぎ! 精神科医5

医者不信・薬不信 精神科医6

それ恋じゃないから!陽性転移

 

 

 

だから

現在通院してる病院では

ほんとうに薬の処方は最低限だ。

 

今回

量が増えた薬には

私にとって

とても困る副作用があるのだ。

 

「生活の破たんなどの社会的に不利な結果を招くにもかかわらず

病的な性欲の亢進、過剰で無計画な買い物を繰り返す、暴食をするなど

衝動が抑えられない症状(衝動制御障害)があらわれることがあります」

 

これだ!

これがたいへん困るのだ。

 

詳しくは

買い物依存

なんで恋愛感情もないのにシテしまうのかな?

過食嘔吐」を

お読みください。

 

衝動が抑えられない症状(衝動制御障害)

これは

ほんとうに困るし

生活が破綻する。

 

このブログの

ホスト篇もそうだ。

読んでいただけるとわかっていただけると思うが

自分の感情のままに生きると

そこに待っているのは「不幸」だけだ。

 

普通

人間はいろんな欲望を

理性で制御しながら生きている。

それが

まともな人間だ。

 

理性が抑えられなくなって

感情のままに生きるとは

人間ではなく

動物だ。

 

私は

もう動物にはなりたくない。

 

しかし

このイライラと

早朝覚醒を放置すれば

きっと

躁転する。

 

薬を飲む

リスクよりも

薬を飲む

メリットを信じたいが

 

いままでの経験から

薬の怖さを十分に知ってる私は

たいへん迷っているのだ。

 

躁転も

ほんとに怖いことだから。

 

 

今あなたは、どんな気持ちを感じていますか?

    ※一度に複数選択していただけます。

Loading ... Loading ...

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし共感してくださったらポチッとクリックしてください ∑(。>д<。)ゞヨロシク!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ボーダーニュースレター

ご登録いただけますと、ボーダーラインと双極性障害な日々の最新情報を、メールでお届けします。

 

Recommended Posts

Leave a Comment

Start typing and press Enter to search