追ってくる悪夢 フラッシュバック篇

 In 双極性障害

 

ジリジリと照りつける太陽が

肌を焼く。

 

調子が悪い。

今日は人に会う約束がある。

私はチャリにまたがり

待ち合わせ場所まで急ぐ。

 

人と約束したり

前もって予定を入れるのがつらい。

 

どうしても行けないときは

なるべく早めに連絡をするが

約束の時間が近づいてくると

やっぱり行けないとなるときもある。

だから

なるべく予定は入れないというか

入れれない。

 

それにしても暑い。

タクシーで行けばいいと思うけど

最近はタクシーに乗るのも億劫なのだ。

電車で行かなければいけない場所で約束をしていると

最悪だ。

 

だからなるべくチャリで行ける場所でしか

約束はしない。

 

車の運転は論外だ。

薬を飲んでるからね。

 

約束のある日は

気分がどんどん沈んでくる。

 

なぜなのかわからない。

だけど

そんな日は

過去を思い出す。

 

病気のためとはいえ

傷つけた人達。

やってしまった行動。

すべて

頭に蘇る。

 

暑さがよけいに

こころを不安定にする。

 

薬が欲しい。

 

最近は薬を持って出かけなくてもいいほど

回復はしてると思うのだけど

やっぱり駄目みたいだ。

 

でも

今日は待ち合わせに行けるだけマシじゃないか。

家から出れたのだ。

 

だけど

もう気持ちは不安で仕方がない。

このまま

ここで倒れそうだ。

 

信号待ちをしていると

トラックが猛スピードで走って行った。

 

あのトラックの前に飛び込めば

即死だな。

などと

くだらない妄想が

頭をかすめる。

 

晴れ渡った空。

むんむんする熱気。

纏わりつく湿気。

 

もう

死んでしまいたい。

 

突然落ちる

 

今日の記事は

リアルタイムな記事です。

 

突然やってきた

鬱。

 

普段は

あまり

その日の出来事や

自分の気持をぶつけるようなことを

意識して書かないようにしています。

 

そのときの感情に任せた記事は

自分を客観視できないし

読まれてる方に

ダイレクトに私の感情が伝わってしまう。

それは

読まれてる方が

鬱であれば

私の感情に巻き込んで

その方も

また鬱に拍車をかけるかもしれないからです。

 

「死にたい」

 

精神の病気ならば

誰でも死にたくなることはあります。

 

だけど

みんな

ギリギリのところで

踏みとどまっている。

 

「死にたい」

 

この言葉は

日常で使ってはいけないと思います。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし共感してくださったらポチッとクリックしてください ∑(。>д<。)ゞヨロシク!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ボーダーニュースレター

ご登録いただけますと、ボーダーラインと双極性障害な日々の最新情報を、メールでお届けします。

 

Recommended Posts

Leave a Comment

Start typing and press Enter to search