大量服薬(オーバードーズ)

 In ボーダーライン

プチプチプチプチ・・・

薬のシートから薬を出す。

精神科から出てる薬。

薬はいっぱい溜まってる。

先生が何種類もの薬をいっぱい出すから。

それを一個、一個出して行く。

両手で持ちきれないくらい出したら

少しずつ飲む。

飲んだらまた薬をシートから出す。そして飲む

繰り返していたら意識は無くなる。

「死にたい!」

でもこれぐらいの量で死ねるのかな?

意識は朦朧とし、やがて無くなる。

 

気付いたらいつも病院のベッドの上だ。

何度目のオーバードーズだろう?

これも自傷行為?自殺未遂?自殺企図?

今回も死ななかったのだ。

ほんの数日

なにもかも忘れて眠っていただけ。

死にたいと思って薬をのんだのか?

ただゆっくり眠りたかっただけなのか?

自分でもわからない。

退院したらまたいつもの日常が始まる。

慢性的な空虚感、孤独、寂しさ。

もうほんとに嫌だ!

私はひとりぼっちで生きる希望も喜びもない。

ああまた孤独な日々を生きなくてはいけないのかと

絶望的になる。

 

オーバードーズの注意点

 

オーバードーズをする時

本気で死にたいのか?

少しゆっくり眠りたいのか?

みんな死にたくて薬を大量服薬すると思うのですが

オーバードーズで死ぬことはまずないのではないかと思います。

 

私はオーバードーズをして手の神経をやられました。

右手の握力は2ぐらいになりお箸ももてませんでした。

薬の後遺症ですね。

いろんな成分の入った薬をめちゃめちゃに飲み死にはしなかったけど

その後約一年寝たきりになりました。

「もう治らない」とほんとうの寝たきりでした。

発見が遅れたために褥瘡もできました。

所謂、床ずれですね。

褥瘡で皮膚が無くなったところは再生しませんでした。

ずっと布団に潜り込んでどこにも行けませんでした。

これではほんとに生きて死んでいる状態です。

駄目だと思いました。

決心して、整形外科を受診しました。

総合病院の整形では駄目で大学病院の整形外科を受診しました。

いろいろな検査の結果

手術で治ることがわかりました。

私は全身麻酔の手術を受けて右手の筋力を取り戻しました。

私は深く考えもせずOD(オーバードーズ)をして

結局、手術を受けて生きることを取り戻しました。

なんて馬鹿で迷惑な人間なのでしょう。

 

という反省も忘れ、ギリギリの精神状態になるといまもODはしてしまいます。

 

またODをした時の話です。

私は記憶を無くしました。

そして精神病院で暴れて保護室に一週間ぐらい入れられてたと思います。

死ぬ気はあったのかなかったのか?

先生の診断書には、はっきりと「自殺企図」と書かれてました。

ODはどんな後遺症が出るかわかりません。

もしも治らない後遺症なら

「ほんとに死んだほうがマシ」でしょう。

 

オーバードーズは薬がどんな作用をするかわかりません。

発見が遅れるととんでもない後遺症が残る場合があります。

ですのでやめた方がいいと思います。

 

死にたい・消えたい

 

私は死にたいと言うより

「消えたい」のです。

存在自体、なかったコトにしたい。

今日は一日雨で

気分が沈みます。

天気や季節で調子が悪くなったりする人も

多いと思います。

ヤバいな・・・

調子ワル!

 

ブログランキングに参加しています。
もし共感してくださったらポチッとクリックしてください ∑(。>д<。)ゞヨロシク!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ボーダーニュースレター

ご登録いただけますと、ボーダーラインと双極性障害な日々の最新情報を、メールでお届けします。

 

Recommended Posts

Leave a Comment

Start typing and press Enter to search