リストカット それぞれの切り方篇

 In ボーダーライン

 

インスタの病みアカというのがある。

病みアカウントで

病んでる子たちが

リスカの写真などを載せている。

 

インスタ映えとは

真逆の世界。

 

痛々しいな。

つらいんだな。

 

と自分の過去を思い出す。

 

私の左手もなかなかのものだ。

あの頃は

とにかく凄かった。

 

精神病院に入院してた時

吃驚するような

リスカ、アムカ。

肩も切ってケロイド状に成ってる。

肩だからショルダーか。

そんな子がいた。

 

いろんな柄があった。

 

ある子は全身にばってん「X」こんな感じで

いっぱい「X」がある。

 

ある子は

器用にハートに切ってる。

 

みんな

それぞれに

自分を傷つけ

そんなことをする

自分に傷つき

 

それでも

生きなきゃいけないから

 

また

切ってしまう。

 

 

インスタの病みアカみてると

いま

現在進行系で

リスカ画像を

アップしないではいられない

彼女達の

気持ちが痛いほどわかる。

 

止めても無駄だし

止めはしないけど

 

その傷

後悔する日が

こなければいいね。

 

リスカは生きるための手段

 

前にも書きましたが

リストカットは

生きていることを

実感するための手段ではないかと思います。

 

詳しくは「なんでリストカットをしてしまうのかな?」

をお読みください。

 

 

私も気持ちがどうにもならなくて

手首を

ズタズタにしたものです。

 

テーブルに溜まっていく血を見たら

こころが安定しました。

 

切るのなら

見えないところを

切ればいいとも思うのです。

 

だけど

リストカットは

やっぱり

 

「あたし、こんなに傷ついてるんだよ!」という

自己主張ではないかと思います。

 

リスカはそのうち収まります。

ばあちゃんになって

リスカやってる人などいませんから。

 

それにしても

 

インスタの病みアカで

iPhoneのクリアケースを

血しぶき柄?にデコってる子がいました。

 

私もいま

iPhoneケースをデコるのに

嵌ってるのですが

血しぶきとは・・・

 

考えることが

やっぱ病んでますね。

 

でも

ちょっと

欲しいなと思う私も

やっぱり

相当病んでます。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
もし共感してくださったらポチッとクリックしてください ∑(。>д<。)ゞヨロシク!!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

 

ボーダーニュースレター

ご登録いただけますと、ボーダーラインと双極性障害な日々の最新情報を、メールでお届けします。

 

Recommended Posts

Leave a Comment

Start typing and press Enter to search